Chicosia ブログ

アメコミ通販、映画ブログ

【スポンサーリンク】

映画で学ぶ英語 ダークナイト パート5

こんにちはchicosiaです。今年はたくさん映画ブログを書いてたくさんの人に映画の素晴らしさを知ってもらえたらなあと思います。映画で英語を学ぶのには、ダークナイトや、トランスフォーマーなんかも良いです。たまには他の映画を交えて更新していきます!ではパート5!

 f:id:ChicosiaShop:20180105204306j:image

ラミレス
So he hasn’t shown up?
それで、まだ現れないですか?

ゴードン
He often doesn’t. I like reminding everybody that he’s out there.
そんなに頻繁には現れないさ。バットマンはそこにいるぞって知らせるのが好きなんだ。
often 頻繁に
同じ様な語句はセットで覚えた方が効率がよいです。頻度を表す副詞は下記の通り。
Occasionally〜時々 20〜30%位
Sometimes 〜時々 50%位
Often 〜頻繁に 60%位
Frequently 〜頻繁に 60%位

reminding 人 that 〜 『人にthat以下である事を気付かせる 』ここでは、バットマンがそこにはいないという事を気付かせるとなります。

ラミレス
Why would not he come?
何故こないのですか?

ゴードン
Hopefully ... because he’s busy.
願わくば、、、悪人退治で忙しいからだろう。

Hopefully 〜 願わくば

※EXT. parking garage- NIGHT- Two black SUV’s drive into the parking building and screech to a halt. Out of one SUV steps chechen and Bodyguards.
屋外- 駐車場- 夜- 2台の黒いSUV車が駐車場に入ってきて音を立てて止まる。その内一台からチェチェンとボディーガードが降りてくる。

チェチェン
That’s why we bring dogs. My little prince.
だから犬を連れてきたんだよ。俺のかわいい王子様たちよ。

My little princes〜 俺の王子様たち。ここではチェチェンが犬に対する呼びかけとして使っている。

f:id:ChicosiaShop:20180105205049j:image

※A Junkie dragged from the back of the other SUV.
麻薬中毒者がもう一台のSUV車の後ろのドアから引きずり出される。
Junkie 〜俗語で麻薬中毒者という意味。

麻薬中毒者
Please, please, they’re crawling in my mouth. Please, I beg you, get them off.
お願いだ。頼む。何かが口の中で這い回ってるんだ。お願いだ。頼む。取り出してくれ。
Crawl〜這いつくばる。ここでは口の中で虫が這いつくばっているとなります。麻薬中毒者が幻覚症状で、虫が口の中にいると思っている。

I beg you〜 『お願いだから』という決まり文句。

Get A off〜Aを取り除く

※The Scarecrow emerges from the Van.
スケアクロウがライトバンから出てくる。
■バットマンシリーズで登場する、悪役ヴィラン。ダークナイトシリーズのパート1にも登場。

Emerge〜現れる。ここでは三人称単数が主語なので、動詞のemerge にsがつきます。

f:id:ChicosiaShop:20180105205111j:image

スケアクロウ
Buyer beware. I told you my compound would take you places. I never said they’d be places you wanted to go.
購買者はきをつけろ。俺のとこのを飲むと色んな所へトリップできるとは言ったが行きたい場所へトリップできるとは言ってないぜ。
Beware〜 用心する、警戒する

Compound 〜合成物、化合物

Take 人 場所 〜『人を場所に連れて行く』という意味。ここでは麻薬中毒者が幻覚症状を見るという意味なので、薬物を摂取したことで、ある場所に連れて行く効果が表れるという意味になります。

※名詞の直後にS(主語)、V(動詞)が来た場合は前の名詞にかかります。
ex)The place I wanted to go
私が行きたかった場所

チェチェン
My business, repeat customer.
俺の商売は常連客が大切なんだよ。
■Repeat customer〜常連さん

スケアクロウ
You don’t like what I have to offer, you can buy from someone else. Assuming Batman left anyone to buy from.
俺のとこのが気に入らないようだな。なんなら他からも買っていいんだぞ。バットマンが売人を誰か残しておいてくれてたらの話だがな。
※文中で使われるwhatは動詞の後ろで使われることで、目的語の役割を果たしたます。like(動詞V)+what(S(主語)+ V(動詞))という文章は、『what以下 SがVする事は、Vである』⇨『I (主語S)私が、have to offer(動詞V)提案する事を、don’t like(動詞V)好きではない』となります。目的語のwhat は『〜する事』と訳すとしっくりくるでしょう。

Assuming 〜 『仮定する』という意味。Assuming (that)のように、文頭で使われるとIfとほとんど同じ意味になります。

チェチェン
My dogs are hungry. Pity there’s only one of you.
俺の犬は腹を空かせてるんだ。1人しかいないのは残念だ。

Pity there’s only one of you〜ここでは、It’s a pity that there’s only one of you となり、it is 〜 that が省略されています。
意味は、『〜なのは残念だ』となります。

f:id:ChicosiaShop:20180105205153j:image

※A Batman -figure fires a shotgun.
偽バットマンの1人がショットガンを撃つ。

チェチェン
What...?
何だって?

スケアクロウ
That’s not him.
本物じゃないぜ。

チェチェン
Loose the dogs!
犬を放て!
Loose 解き放つ

スケアクロウ
That’s more like it.
そうこなくちゃ。

※Inside the empty Batmobile, the display reads, “LOITER” changing to “INTMIDATE”. The real Batman appears and bends the barrel of the rifle before punching the attacker.
無人バットモービル内では、ディスプレイ表示が『偵察中』から『威嚇射撃』へ変わる。本物のバットマンが現れ、男の持つマシンガンの銃身をねじ曲げ、パンチを食らわせる。

The display reads 『ディスプレイには〜と表示される』という意味。英語では、無生物主語が動詞をとる事が多いです。直訳すると、『ディスプレイが〜を読む』となりますが、英語で読む場合、もしこの意味が分からなくても、英語を英語で考える癖をつけると、ディスプレイが読むとゆうことは、ディスプレイが表示される意味なんだと解釈して読み進めるわけです。日常から英語を日本語にして考えるのではなく、英語を英語で理解する意識をしていくと、このような文章が出てきても自然と意味が理解できるようになります!

今日はここまで!
また次回!

アメコミグッズはchicosia.shopより🐥💯

www.chicosia.shop